バーチャル・ハムフェス 2021
特設ページ

はじめに

この度は、東北大学学友会アマチュア無線部のブースにお越しいただきありがとうございます。 弊部のブースでは、「東北大学学友会アマチュア無線部 活動発表」ということで、弊部の活動の紹介を行います。 弊部では、電子工作、アンテナ製作、アマチュア無線に関する様々なトピックについての調査といった活動を部誌という形でまとめて公開しています。 この度、部誌の最新号を発行いたしましたので、ご覧いただければ幸いです。 過去の部誌もご覧いただけます。

また、最近の弊部の活動についてもまとめてみました。 コロナ禍においては、対面での活動が制限され、新たな活動を模索しました。 現在も、コロナ前に行っていた活動に加え、様々な新たな活動を始めたりしています。 弊部の活動について知っていただければ幸いです。

弊部の紹介

JA7YAA東北大学学友会アマチュア無線部は、東北大学の学友会の部活動として活動しています。 弊学は、八木・宇田アンテナの発祥の地としても知られています。

弊部は、片平キャンパスと川内キャンパスの2つのキャンパスに部室を所有しています。 それぞれの部室で局免許を受けており、片平キャンパスはJA7YAA、川内キャンパスはJH7YAAとなっています。 弊部の活動の拠点である、片平キャンパスには、複数のタワーを所有しており、コンテストなどの無線運用を行ったり、移動運用の物品の保管をしたりしています。 日頃の活動である部会は、理系学部のキャンパスである青葉山キャンパスにも近いこともあり、川内キャンパスで行うことが多いです。 川内キャンパスは、文系学部のキャンパスであるとともに全学部の教養の科目の講義が行われています。 川内キャンパスにも、タワーを1つ所有しており、さまざまな測定器も保管されています。

弊部の活動内容としては、移動運用、コンテスト参加などのアマチュア無線の運用だけでなく、部誌作成・イベント参加などの無線運用以外のことも行っています。 弊部の活動の紹介の項目で弊部の活動について知っていただければ幸いです。

また、現在弊部は、部員の減少にも向き合って行かなければならない状況です。 現在、弊部には12名の部員が所属しています。 部員の減少に向き合っていくために、2つのことを今後も頑張っていきたいと思います。 1つ目として、日頃の活動を通じて、私たちがアマチュア無線の面白さ、楽しさを知ることです。 もっともっと部員が活発に無線運用、アマチュア無線に関連する活動を積極的に行っていきたいと思います。 2つ目として、アマチュア無線を知らない方にアマチュア無線の楽しさを伝えていくことです。 そのために、アマチュア無線について学内、学外のイベントを問わず様々なイベントに参加して、弊部の活動をアピールしていきたいと思います。

今後とも、引き続きご支援ご指導をいただければ幸いです。

部誌「2021年度 秋号」

最新号の秋号を展示します。 公開までお待ちください。

過去の部誌

下記リンクから閲覧してください。
部誌「vol.4 新歓号」
部誌「vol.3 新年号」
部誌「vol.2 秋号」
部誌「vol.1 新入生歓迎号」

弊部の活動の紹介

弊部では、アマチュア無線の運用に加えて、部誌作成、イベント参加などさまざまな活動を行っています。 ここでは、それぞれの活動内容について、ご紹介していきたいと思います!

コンテスト
年数回、全国規模のコンテストを中心に参加しています。
コロナ前は、6m and downコンテストについては八溝山でOBの方と合同で運用していました。
移動ではなく、片平キャンパスから参加することもあります。
2020年度は、対面での活動が制限されたためほとんど参加できていませんでしたが、今年度は、制限緩和により6m and downコンテスト、フィールドデーコンテストに移動で参加しました。久しぶりの部としてのコンテスト参加となり、久しぶりに運用する部員やはじめてコンテストに参加する部員もいました。

移動運用
年数回、移動して運用しています。
弊部がよく移動する場所として、下のような場所があります。

・上品山
・石蔵山
・天魄山
・青葉山

最近、部として新たにハンディ機を購入したため、青葉山キャンパス内からハンディ機を使って、超お手軽運用を行ったりしました。

部誌発行
年3回程度発行しています。
コロナ禍において、対面での活動が制限され、新たな活動を模索して始めた活動です。

製作活動
部誌にも投稿しておりますが、送信機、アンテナ、さまざまな機器などの製作を楽しんでいます。

イベント参加
これまでに参加したイベントとして下のようなものがあります。

・学都「仙台・宮城」サイエンスデイ
・わかものハムの集い
・関東大学社団ミーティング
・バーチャル・ハムフェス2020
・学祭

コロナ禍において新たにオンラインで開催されるイベントが増えたこともあり、最近はさまざまなイベントに参加することができました。 イベントへの参加を通じ、他大学の無線部やアマチュア無線家との交流を深めることができたかなあと思っています。
わかものハムの集いは部員が運営のお手伝いをしたりしました。
また、今年度の学祭にも出展を行う予定です。 アマチュア無線の楽しさを知っていただき、興味を持っていただきたいなあという思い出様々なことを企画しました。 企画内容は学祭の特設ページをご覧ください。

おわりに

この度は、このようなイベントを企画していただき、ありがとうございました。 感謝申し上げます。
ご来場者の皆様には、弊部の活動について知っていただければ幸いです。 今後も、様々なイベントに積極的に参加して、弊部の活動をアピールするとともに、アマチュア無線を知らない方へ無線を知っていただき、興味を持っていただけるよう、さまざまなことに挑戦していきたいと思います。
また、アマチュア無線家の皆様におかれましては、コンテストなどにおいて、お空の上でお会いできれば幸いです。
今後とも、東北大学学友会アマチュア無線部をよろしくお願いします!

弊部へのお問い合わせ

Twitter:@JA7YAA
メール:www-admin [at] ja7yaa.org.tohoku.ac.jp

twitter